エネルギー効率関連条約(EEDI及びSEEMP)

条約概要

2011 年7 月に開催されましたIMO 第62 回海洋環境保護委員会(MEPC 62)におきまして、「エネルギー効率設計指標(EEDI)」及び「船舶エネルギー効率管理計画書(SEEMP)」を強制化するためのMARPOL 条約附属書VI の改正案が採択され、2013 年1 月1 日に発効いたしました。

この条約は、原則として国際航海に従事する400GT以上の全ての船舶に適用(プラットフォームや掘削リグ及びはしけ等の推進機関を有しない船舶を除く)され,条約への適合が認められた船舶に対しては,国際エネルギー効率証書,通称IEE(International Energy Efficiency)証書が発給されます。IEE証書の発給を受けるための初回検査は,下記の1.から3.のいずれかに該当する「新船」の場合は建造時に,新船以外の「現存船」の場合は2013年1月1日以降最初のIAPP (International Air Pollution Prevention)証書に関する中間検査又は更新検査時に受検することが要求されます。ただし,EEDI関連の規定については,条約が指定する船種*における新船のみが適用対象**となります。(2013年8月31日現在)

  1. 2013年1月1日以降に建造契約が結ばれる船舶
  2. 建造契約がない場合には2013年7月1日以降に起工される船舶
  3. 2015年7月1日以降に引き渡しされる船舶
    * ばら積貨物船,ガスキャリア,タンカー,コンテナ船,一般貨物船,冷凍運搬船,兼用船,客船,Ro-Ro客船,Ro-Ro貨物船(ただし,タービン推進船舶及び電気推進船舶は除く) ** ただし,主管庁が認めた場合,条約発効後4年間はEEDIに関する要件の適用を免除できる

条約及び関連ガイドライン/ガイダンス

この条約及びIMOが発行している関連のガイドライン/ガイダンスの原文(英文)及び和文(仮和訳)を以下の表にまとめております。なお、和文に関しましては、作成が終了したものから順次追加いたします。

改正MARPOL 条約附属書VI (エネルギー効率に関連する規則)

文書番号 名称 ダウンロード
Resolution MEPC.203(62) Amendments to the annex of the protocol of 1997 to amend the international convention for the prevention of pollution from ships, 1973, as modified by the protocol of 1978 relating thereto (Inclusion of regulations on energy efficiency for ships in MARPOL Annex VI)
改正MARPOL条約附属書VI(船舶のエネルギー効率に関する規則)
原文 -
MEPC.1/Circ.795 UNIFIED INTERPRETATIONS TO MARPOL ANNEX VI
MARPOL ANNEX VIの統一解釈
原文 仮和訳
Corr.1含む
(EEDI及び SEEMP関連のみ)
MEPC.1/Circ.795
/Corr.1
UNIFIED INTERPRETATIONS TO MARPOL ANNEX VI Corrigendum
MARPOL ANNEX VIの統一解釈 誤植訂正
原文

IMO関連ガイドライン及びガイダンス

EEDI関連
文書番号 名称 ダウンロード
Resolution MEPC.212(63) 2012 Guidelines on the method of calculation of the attained energy efficiency design index (EEDI) for new ships
2012年 新船に関するエネルギー効率設計指標(EEDI)の計算方法に関するガイドライン
原文 仮和訳
Resolution MEPC.224(64) Amendments to the 2012 guidelines on the method of calculation of the attained Energy Efficiency Design Index (EEDI) for new ships
2012年 新船に関するエネルギー効率設計指標(EEDI)の計算方法に関するガイドライン (RESOLUTION MEPC.212(63))の一部改正
原文 仮和訳
Resolution MEPC.214(63) 2012 Guidelines on survey and certification of the energy efficiency design index (EEDI)
2012年 エネルギー効率設計指標(EEDI)の検査・認証に関するガイドライン
原文 仮和訳
Resolution MEPC.234(65) Amendments to the 2012 guidelines on survey and certification of the Energy Efficiency Design Index (EEDI) (Resolution MEPC.214(63)), as amended
2012年 エネルギー効率設計指標(EEDI)の検査・認証に関するガイドライン(RESOLUTION MEPC.214(63))の一部改正
原文 仮和訳
Resolution MEPC.231(65) 2013 Guidelines for calculation of reference lines for use with the Energy Efficiency Design Index (EEDI)
2013年 エネルギー効率設計指標(EEDI)に使用するリファレンスラインの計算に関するガイドライン
原文 -
Resolution MEPC.232(65) 2013 Interim guidelines for determining minimum propulsion power to maintain the manoeuvrability of ships in adverse conditions
2013年 荒天下における船舶の操縦性を維持するための最低推進出力決定に関するガイドライン
原文 仮和訳
Resolution MEPC.233(65) 2013 Guidelines for calculation of reference lines for use with the Energy Efficiency Design Index (EEDI) for cruise passenger ships having non-conventional propulsion
2013年 非従来型推進システムを有するクルーズ客船のエネルギー効率設計指標(EEDI)に使用するリファレンスラインの計算に関するガイドライン
原文 -
MEPC 64/INF.22* First version of industry guidelines on calculation and verification of the Energy Efficiency Design Index (EEDI)
エネルギー効率設計指標(EEDI)の計算及び認証に関するインダストリーガイドライン初版
原文 仮和訳
IACS PR38* Procedure for calculation and verification of the Energy Efficiency Design Index (EEDI)
エネルギー効率設計指標(EEDI)の計算及び認証に関する手順
原文 仮和訳
MEPC.1/Circ.815 2013 Guidance on treatment of innovative energy efficiency technologies for calculation and verification of the attained EEDI
2013年 EEDIの計算及び認証のための革新的省エネ技術の取扱いに関するガイダンス
原文 -

* IACS PR38はIACS(国際船級協会連合)メンバーの統一的な手順要件としてMEPC64/INF.22を取り入れたものであり、2013年7月1日以降の建造契約船に対して適用となります。なお、IACS PR38とMEPC64/INF.22は一部内容が異なる箇所がありますのでご注意ください。

SEEMP関連

文書番号 名称 ダウンロード
Resolution MEPC.213(63) 2012 Guidelines for the development of a ship energy efficiency management plan (SEEMP)
2012年 船舶エネルギー効率管理計画書の作成に関するガイドライン
原文 仮和訳

EEOI関連

文書番号 名称 ダウンロード
MEPC.1/Circ.684 Guidelines for voluntary use of the ship energy efficiency operational indicator (EEOI)
船舶エネルギー効率運航指標の自主的使用に関するガイドライン
原文 -

ClassNKのエネルギー効率関連サービス

エネルギー効率に関連するサービスとして、以下を提供しております。

1.EEDI鑑定サービス

EEDI非適用船へのEEDI鑑定サービスであり、ガイドラインに基づいたEEDI適合鑑定を実施いたします。 自主的なEEDI取得及び環境配慮への取り組みに対する支援等を行うものです。

2.SEEMP鑑定サービス

船舶に搭載するSEEMPがIMOガイドライン(Resolution MEPC.213(63))に従って作成されていることを確認し、鑑定書を発行するサービスです。

3.SEEMP作成サポートサービス

SEEMPの標準テンプレートを用い、船社が採用するエネルギー効率改善手段等の必要事項を記入していくことで本船のSEEMPを完成させ、弊会の鑑定書付で提供するサービスです。本サービスは、(株)ClassNKコンサルティングサービスが実施いたします。

4.EEOI鑑定サービス

”PrimeShip-GREEN/EEOI”(下項参照)を利用したEEOIの鑑定サービスです。

PrimeShip-GREENシリーズ

ClassNKは、エネルギー効率に関連するソフトウェアおよびシステムをPrimeShip-GREENと称し、海事関連業界へのサポートとして以下のソフトウェアおよびシステムを無償で提供しております。
なお、詳細につきましてはプライムシップのページをご覧ください。

1.PrimeShip-GREEN/PSTA

海上試運転(速力試験)において、ISO15016:2002に定める方法に基づき、風、潮流、波浪、浅水、排水量による船速補正を行うためのソフトウェアサービスです。

2.PrimeShip-GREEN/EEOI

IMOガイドライン(MEPC .1/Circ.684)に基づいたエネルギー効率運航指標(EEOI)の計算及び分析を行うシステムです。

お問い合わせ先

本件に関するご質問等につきましては、以下へお問い合わせください。(SEEMP作成サポートサービスを除く)

一般財団法人 日本海事協会 EEDI部

Tel: 03-5226-2058
Fax: 03-5226-2059
e-mail: eedi@classnk.or.jp

SEEMP作成サポートサービスにつきましては、以下へお問い合わせください。

株式会社ClassNK コンサルティングサービス

Tel: 03-5226-2290
Fax: 03-5226-2192
e-mail: consulting@classnkcs.co.jp

関連するページ

関連するサイト