Technical News

標題:
鋼船規則C編32章用構造評価ソフトウェア最新版の公開について

コンテナ運搬船のための構造規則(鋼船規則C編32章)に対応したソフトウェア”PrimeShip-HULL for Container Carriers”の最新版を公開いたしました。
”PrimeShip-HULL for Container Carriers”は、算式計算ソフトウェア及び直接計算ソフトウェアで構成され、コンテナ運搬船の構造設計をサポートします。最新版の主な特長は次の通りです。


■算式計算ソフトウェア
  • 本ソフトウェアは、IACSの統一規則S11A(コンテナ運搬船に対する縦強度要件)に対応した”PrimeShip-HULL(Rules)/S11A”(2016年1月8日公開)の後継ソフトウェアとなります。
  • これまでの縦通部材に加え、横部材のモデリング機能を新たに設けております。これら構造部材に対して局部強度や疲労強度等、縦強度要件以外のコンテナ運搬船に要求される構造強度評価も可能となりました。

■直接計算ソフトウェア
  • 鋼船規則C編32章のコンテナ運搬船の曲げ捩り強度に関する規則改正(2017年6月1日示達)に基づいた強度評価機能を新たに追加しました。
  • これまでのホールド解析における降伏強度及び座屈強度評価に加え、フロアサイズもしくはロンジサイズメッシュモデルの全船FEモデルに対して、直接法もしくは間接法を用いたハルガーダ荷重を考慮した曲げ捩り強度評価を行うことが可能となりました。


本ソフトウェアの詳細についてはPrimeShip-HULL for Container Carriers用ソフトウェアのホームページを参照ください。
PrimeShip-HULL for Container Carriers

今回公開した最新版ソフトウェア
  • PrimeShip-HULL(Rules)/ for Container Carriers [算式計算ソフト] Ver.1.0.0
  • PrimeShip-HULL(DSA)/ for Container Carriers [HyperWorks版直接計算ソフト] Ver.2.0.0

ClassNK - DHD

ポップアップウィンドウを閉じるボタン