Technical News

標題:
IACS共通構造規則(CSR BC&OT)用構造評価ソフトウェア改訂版(Ver.6.0.0)の公開について

ばら積貨物船及び油タンカーのための共通構造規則(IACS Common Structural Rules for Bulk Carriers and Oil Tankers、以下CSR BC&OT)に対応したソフトウェア “PrimeShip-HULL(HCSR)”の最新版Ver.6.0.0を公開しました。

Ver.6.0.0では業界からの要望に基づく改正内容を含む最新の規則改正への対応に加え、“PrimeShip-HULL(HCSR)”を構成する算式計算ソフトおよび直接計算ソフトについて、それぞれ以下の機能改良を実施しています。

【算式計算ソフト】
  • 計算書作成機能について、複数断面の計算書一括作成機能の実装および計算書の出力項目設定の強化を実施しました。
  • 2D CAD連携機能について、貨物区域外の断面に対応し、船首尾部を含めた全船の2D CAD図面の取り込みが可能となりました。

【直接計算ソフト】
  • 船体ホールドモデルより切り出した部分モデルを利用して、構造検討・解析作業を実施する“ズーミング解析機能”を新たに実装しました。
  • メッシュ詳細化システムを強化し、これまでより高品質なメッシュ作成が可能となりました。


本ソフトウェアの詳細については共通構造規則(CSR BC&OT)用ソフトウェアのホームページをご参照ください。
共通構造規則(CSR BC&OT)用ソフトウェアのページ

今回公開した最新版ソフトウェア
  • PrimeShip-HULL(Rules)/Harmonised CSR [算式計算ソフト] Ver.6.0.0
  • PrimeShip-HULL(DSA)/Harmonised CSR [HyperWorks版直接計算ソフト] Ver.6.0.0

ClassNK - DHD

ポップアップウィンドウを閉じるボタン