Press Release

標題:
船主・船舶管理会社・傭船者向け船舶IoTデータ利活用に関するセミナーを開催

2018年9月25日

一般財団法人日本海事協会(ClassNK)の子会社である株式会社シップデータセンター(ShipDC)と、一般社団法人日本舶用工業会 新スマートナビゲーションシステム研究会は、10月17日(水)に東京、10月22日(月)に大阪、10月25日(木)に今治において、船主・船舶管理会社・傭船者を対象とした船舶IoTデータ利活用に関するセミナーを開催します。

本セミナーでは、船舶IoTデータ利活用の更なる推進に向けた最新情報として、現在提供されているビッグデータやIoTを活用した運航系・機関系ソリューション、IoTサービスを利用するための共通インフラとなる船陸通信及び船上データ収集装置、及び船社におけるデータ利活用の事例について、多数の関係各社より講演を行います。また、新スマートナビゲーションシステム研究会からは関連技術の国際標準化(ISO化)に向けた取り組み、ShipDCからは船舶IoTデータ利活用基盤「IoSオープンプラットフォーム」を紹介します。

セミナーの申し込みは以下のウェブサイトにて受け付けます。会場の都合により、船主・船舶管理会社・傭船者に参加を限定させていただきます。

東京会場:https://www.event-form.jp/event/3764/itjonx
大阪会場:https://www.event-form.jp/event/3714/lX2DM8krtMRf
今治会場:https://www.event-form.jp/event/3754/FVZd/

申し込み方法については以下のShipDCウェブサイトにも掲載しています。

http://www.shipdatacenter.com/loS_seminar.html

以上

添付:セミナー開催概要

ClassNK - EOD

ポップアップウィンドウを閉じるボタン