船級協会独自の課題に関係する研究開発

技術研究所では海上における安全と海洋環境の保全への貢献を目的として、船級協会独自の課題に関係する研究開発を行っております。現在実施している主な研究テーマは以下のとおりです。

  1. 大型コンテナ船の脆性破壊防止
  2. 大型コンテナ船の機関室、居住区配置(構造強度影響)
  3. 流力弾性応答の船体構造強度への影響
  4. 大型鉱石運搬船の構造強度
  5. 自動車運搬船のラッキング強度
  6. 船体疲労強度に対する予防保全技術サービス
  7. 水エマルジョン燃料の腐食影響
  8. 軸継手リーマボルトの締め代
  9. 軸系ねじり振動の損傷原因と対策検討
current06