EPIRB & VDRの改正性能基準

EPIRBの改正性能基準IMO Resolution MSC.471(101)が2019年6月14日に採択されました。 改正性能基準は2022年7月1日以降に搭載(install)されるEPIRBについて適用されることになっております。 「installed」の解釈につきまして、IACSはUI SC295を作成しましたが、IMOに提出されておりません。
従って、現在「installed」に関する統一解釈が決定されていないため、各旗国の指示によることになります。 「installed」の各国の解釈については、旗国情報をご覧ください。

更なる情報があった場合は、適宜更新いたします。

なお、本改正に関連してVDRの浮揚式保護カプセルの要件として、EPIRBの性能基準がVDRの性能基準に参照されていることから、VDRの改正性能基準IMO Resolution MSC.494(104)が2021年10月7日に採択されております。
適用日はEPIRBと同じく2022年7月1日以降に搭載(installed)されるVDRとなりますが、「installed」に関する統一解釈が決定されていないため、各旗国の指示によることになります。

更なる情報があった場合は、適宜更新いたします。

関連するサイト