EC舶用機器指令(MED)

本ページでは、舶用機器指令(Directive 2014/90/EU of the European Parliament and of the Council on marine equipment)に基づくClassNKの検査、審査および証明サービスについてご紹介いたします。この業務は、弊会のオランダにおける現地法人であり、ノーティファイドボディ(Notified Body)としてオランダ政府から承認されているロッテルダム事務所(Nippon Kaiji Kyokai (Netherlands) B.V.)(以下、「ノーティファイトボディ(Notified Body)」と略称する。)の協力のもとに実施されているものです。

舶用機器指令とは?

欧州連合(EU)は、様々な分野で、EU域内での製品の自由な流通の妨げとなる障壁を取り除くことを目的としたEU指令を発行しています。
このようなEU指令のひとつとして、舶用機器指令(Directive 2014/90/EU of the European Parliament and of the Council on marine equipment)があります。この舶用機器指令が適用され、船上で使用されるよう意図された材料・機器で、ノーティファイドボディ(Notified Body)により同指令に適合していると認められた材料・機器に対し、Notified Bodyの識別番号とともに舵輪マークが貼付され、材料・機器製造者による適合宣言書が発行されます。
なおDirective 2014/90/EU of theEuropean Parliament and of the Council on marine equipmentは、2016年9月18日にCouncil Directive 96/98/EC on marine equipmentを全面改正する形で発効されました。


舵輪マーク


適合宣言書

舶用機器指令が適用される国

EU加盟国及びEFTA加盟国に登録される船舶に搭載される材料・機器は、舶用機器指令に定められている要求に適合する必要があります。
ここで、EU加盟国とは、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ、デンマ-ク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウエーデン、オランダ、英国、クロアチアをいい、EFTA加盟国とはノルウエー及びアイスランドをいいます。

舶用機器指令が適用される材料・機器

舶用機器指令が適用される材料・機器とは、救命設備、海洋汚染防止設備、防火構造材料、航海設備、無線通信設備、及び海上衝突予防規則に定める航海灯をいいます。このような材料・機器は、それぞれの試験検査基準とともに、舶用機器指令の附属書A.1リストに示されています。この附属書A.1リストは、頻繁に改訂されています。
舶用機器指令附属書 A.1リスト

ClassNKによる舶用機器指令のもとでの検査、
審査及び証明サービス

申込により、ノーティファイドボディ(Notified Body)は、弊会本部の材料艤装部及び認証サービス事業部の協力の下、材料・機器に対し、検査、審査及び証明サービスを実施します。検査及び審査完了後、材料・機器に舵輪マークが添付され、適合宣言書とともに出荷されます。


膨張式救命いかだ


発煙浮信号

お問い合せ先

舶用機器指令に基づく検査、審査及び証明サービスに関するご質問は、次の事務所にて、お受けいたします。

Nippon Kaiji Kyokai (Netherlands) B.V.
Notified Body / Head Office

Tel: +31-180-643580
Fax: +31-180-643589
e-mail: info@classnk.nl or rt@classnk.or.jp

(一般財団法人)日本海事協会 材料艤装部

Tel: +81-3-5226-2020
Fax: +81-3-5226-2057
e-mail: eqd@classnk.or.jp

(一般財団法人)日本海事協会 認証サービス事業部

Tel : +81-3-5226-2178
Fax: +81-3-5226-2179
e-mail: qad@classnk.or.jp