Clean Shipping Indexによる検証

Clean Shipping Index(注1)による検証機関(注2)として、ClassNKは、Clean Shipping Index Verification Guidelines に基づく検証を実施いたします。

CSI検証にあたっては、まず船会社が所有船舶の環境パフォーマンスを自己評価し、Clean Shipping Index Database(注3)に登録します。

本会は、登録された環境パフォーマンスについてVerification Guidelines に基づいて検証します。評価・検証の結果が自己評価の結果と完全に一致した場合、本会は、その結果をClean Shipping Index Databaseに登録いたします。本会の報告により、検証証明書がCSIより発行されます。

検証

検証は、10の異なった船種の船舶に対し、船舶の運航から影響を受ける環境5分野における環境パフォーマンスが対象となります。

(10船種)

  • 一般貨物船
  • 油タンカー
  • 冷凍運搬船
  • 危険化学品ばら積船
  • ばら積貨物船
  • コンテナ運搬船
  • プロダクトタンカー
  • ロールオン・ロールオフ船
  • LPGタンカー
  • 自動車運搬船

(5分野)

  • 硫黄酸化物及び粒子状物質
  • 窒素酸化物
  • 二酸化炭素
  • 化学物質(防汚塗料、船尾管オイル、外部油圧液、スラスタ・可変ピッチプロペラ用作動油、ボイラー・冷却水、洗浄水、冷媒)
  • 水及び廃棄物(バラスト水、汚水・ブラックウオーター、廃棄物、スラッジオイル、ビルジウオーター)

二酸化炭素

二酸化炭素については、船種に応じ、EEOI計算ガイドライン(注4)、或いはCCWGガイドライン(注5)により算定し、評価することになります。EEOIはすべての船種に適用することが可能ですが、CCWGガイドラインはコンテナ船のみへの適用になります。

なお、本会が無償で提供しているEEOI計算分析システム “PrimeShip-GREEN/EEOI”(注6)に従い、EEOIを算定され、或いは算定されようとしている場合、本会へのデータ提供を許諾いただくことにより、その算定結果が検証に活用されます。

検証時期

本会の検証作業は、船会社及び船上における検証から構成され、船舶の船級検査及び条約検査、または環境マネジメントシステム審査の時期に併せて、実施することが可能です。

検証の流れ

本検証の流れは、以下の「検証の流れ」に記されたフローチャートの通りとなります。


検証の流れ

検証申込

お申込の際は、検証申込書“APPLICATION for Verification of Vessels under Clean Shipping Index (CSI)”及び以下の「提出書類」に示されている資料・記録等を提出いただきます。

検証申込書
提出書類

注1:
http://www.cleanshippingindex.com/
注2:
本会は、Clean Shipping Network AssociationのBoardから、Clean Shipping Index検証機関として承認されています。
注3:
Clean Shipping Network Association に加盟する荷主企業は、Clean Shipping Index Database にアクセスすることができます。
注4:
IMOによるエネルギー効率運航指標(EEOI)の算出のための方法(MEPC.1/ Circ.684)。
注5:
Clean Cargo Working Group により開発された二酸化炭素排出量算定のための方法。
注6:
ClassNKが提供するIMOガイドライン(MEPC.1/ Circ.684)に準拠したEEOI計算分析システム。詳細は、PrimeShip-GREEN/EEOI専用サイトをご参照ください。

問い合わせ先

検証全般についてのお問い合わせ先

一般財団法人 日本海事協会 認証サービス企画部
〒102-8567 東京都千代田区紀尾井町4番7号
電話: 03-5226-2412 ファックス:03-5226-2179 e-mail: qpd@classnk.or.jp

EEOI計算分析システム “PrimeShip-GREEN/EEOI”についてのお問い合わせ先

一般財団法人 日本海事協会 EEDI部
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番3号
電話: 03-5226-2058 ファックス: 03-5226-2059 e-mail: eedi@classnk.or.jp