造船・舶用工業分野特定技能1号試験

造船・舶用工業分野特定技能1号試験は、日本の造船・舶用工業分野で特定技能1号の在留資格で就労を希望する外国人に対して、技能の水準を評価する試験です。

ClassNKは、造船・舶用工業分野特定技能1号試験(溶接、塗装、鉄工、機械加工、仕上げ、電気機器組立て)の試験実施機関です。

フィリピンにおける特定技能1号試験(溶接)の実施

以下のとおり、フィリピンにおいて特定技能1号試験(溶接)を実施しました。

※試験結果について

日時:2019年11月28日(木)
会場:MK Maritime Training Center, Inc.
 MMS Bacoor Bldg., Old NIA Road, Barangay Bayanan, Bacoor City, Cavite, Philippines
定員:20名

国内試験と同様、申請者が希望する場所に本会の試験監督者を派遣して行うことも可能です。詳細は、
<国内における特定技能1号試験(溶接)の実施>をご覧ください。

国内における特定技能1号試験(溶接)の実施

申請者が希望する場所に本会の試験監督者を派遣して行います。
本会が試験を実施するにあたり、申請者においては、試験の実施場所の確保、機械設備・試験母材・溶接材料等の準備、曲げ試験片の加工及び曲げ試験その他本会が要求する措置を実施していただきます。

国内、フィリピン以外での溶接の試験、他の区分(塗装、鉄工、機械加工、仕上げ、電気機器組立て)の試験については、準備ができ次第、このページでお知らせします。

問い合わせ先

一般財団法人 日本海事協会 調査開発部 特定技能試験担当
〒 102-8567 東京都千代田区紀尾井町4番7号
電話: 03-5226-2054 e-mail: ssw_et@classnk.or.jp