造船・舶用工業分野特定技能1号試験

造船・舶用工業分野特定技能1号試験は、日本の造船・舶用工業分野で特定技能1号の在留資格で就労を希望する外国人に対して、技能の水準を評価する試験です。
ClassNKは、造船・舶用工業分野特定技能1号試験(溶接、塗装、鉄工、機械加工、仕上げ、電気機器組立て)の試験実施機関です。

造船・舶用工業分野特定技能1号試験の実施について

造船・舶用工業分野の特定技能1号試験は、申請に基づき、申請者が希望する場所に本会の試験監督者を派遣し、随時試験を実施します.

本会が試験を実施するにあたり、申請者においては、試験の実施場所の確保、機械設備・試験用機材の準備、その他本会が要求する措置を実施していただきます。このため、初めての場所での試験を申請する場合、必要な設備等の説明などをいたしますので、申請に先立ち、ご連絡をお願いします。
現在、国内、フィリピン、インドネシアにおいて試験の実施が可能ですが、これ以外の国での実施が可能になりましたら、このページでお知らせします。

また、本会が試験会場や設備等を準備し、指定した日時で試験を実施する場合もありますので、その場合もこのページでお知らせします。
試験実施フローについては、以下のリンクをご参照ください。

職種ごとの受験案内、試験詳細、受験申請等は、以下のリンクをご参照ください。

国内、フィリピン以外での溶接の試験、他の区分(塗装、鉄工、機械加工、仕上げ、電気機器組立て)の試験については、準備ができ次第、このページでお知らせします。

問い合わせ先

一般財団法人 日本海事協会 調査開発部 特定技能試験担当
〒 102-8567 東京都千代田区紀尾井町4番7号
E-Mail: ssw_et@classnk.or.jp
電話: 03-5226-2054