外国人技能実習制度

Class NKは、技能実習法(※)に基づく外国人技能実習生に関する溶接職種(手溶接作業及び半自動溶接作業)に係る技能実習評価試験(以下「評価試験」という。)の試験実施機関です。
(※)外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)

本会が実施する評価試験は、次のとおりです。

初級試験 第1号技能実習に係る評価試験
専門級試験 第2号技能実習に係る評価試験
上級試験 第3号技能実習に係る評価試験

1.試験の実施方法について

本会による評価試験(実技試験及び学科試験)は、申請者が希望する場所に試験監督者を派遣して行います。
実技試験課題一覧(試験母材、溶接材料等の規格、曲げ試験の方法等)及び学科試験問題例は、以下のリンク先をご参照ください。
本会が評価試験を実施するにあたり、申請者においては、評価試験の実施場所の確保、機械設備・試験母材・溶接材料等の準備、曲げ試験片の加工及び曲げ試験その他本会が要求する措置を実施していただきます。評価試験の事前準備については、下記の「事前準備のご依頼」も合わせてご確認ください。

実技試験課題一覧

学科試験問題例(一般社団法人 日本溶接協会HP)

事前準備のご依頼

2.受験に関するお手続きについて

本会による評価試験を希望される方は、本会のTITP-Wシステムから申請をしていただく必要がございます。
TITP-Wシステムの利用に際しては、下記の「WEB申請方法」をご確認の上、下記リンクよりTITP-Wアカウント登録をお願いいたします。

WEB申請方法

TITP-Wアカウント登録

評価試験の申請に関しては、本会のウェブサービスポータル内のTITP-Wシステムから申請ください。申請方法は、上記の「WEB申請方法」をご確認ください。

なお、原則として受験予定日の30日前までに申請してください。
申請に際しては、実技試験課題一覧を参考に受験種目などを決めた後に、受験者のパスポート、在留カードの情報をお手元にご準備の上、登録を開始してください。
また、申請時に受験者から個人情報取扱いの同意を得る必要がございます。
TITP-Wシステム内で申請時に同意書をアップロードしていただく必要があるため、事前に下記リンクより同意書をダウンロードの上、印刷して受験者本人にサインをしていただき、サイン済みの同意書をスキャンしてPDFファイルとしておいてください。

溶接職種技能実習評価試験に関わる個人情報取扱い同意書

<参考:評価試験の実施に係るフローチャート>
ご申請から結果証明書の受領までの流れ

3.受験料について

評価試験に係る受験料の詳細は、以下のリンク先をご参照ください。
なお、受験料とは別に試験監督者の旅費等を別途申し受けます。

受験料表

問い合わせ先

一般財団法人 日本海事協会 調査開発部 特定技能試験担当
〒 102-8567 東京都千代田区紀尾井町4番7号
電話: 03-5226-2758 e-mail: titp@classnk.or.jp