アスベストの取扱い

SOLAS条約II-1章第3-5規則に拠り、船上でのアスベスト含有物質(ACM)の取扱いは、キールが据え付けられた又はこれと同様の建造段階にあった時期により、 原則、次のことが要求されます。(MSC.1/Circ.1374)

  • 2002年7月1日以前に建造された船舶
    乗組員の健康に危険を及ぼさないことを条件に、すでに設置されているACMは、引き続き使用が認められます。
  • 2002年7月1日から2010年12月31日に建造された船舶
    ACMの新規設置は、特定の目的で使用される回転翼、継手、断熱材にのみ許可されます。
  • 2011年1月1日から、すべての船舶について、ACMの新規設置は禁止されました。

上記の要求事項に違反して、船上へ設置されていたACMが発見された場合、以下の処置を講じる必要があります。

  • ACMの管理と除去の実行計画ととともに、旗国政府へ通知すること。
  • 本実行計画が満足いくものであると判断された場合、旗国政府により、免除証書が発行される。
  • アスベスト含有物質の除去は、発見されてから3年以内に、専門のアスベスト除去会社により、実施されること。

旗国特別要件に関する最新情報は、下記の各国主管庁の指示よりご覧いただけます。

旗国 主管庁指示
Antigua and Barbuda SOLAS Circular No. 2020 – 006 (Rev 1)
Bermuda BGN 2020-12
Cayman Islands GN 02/2019 (Rev 3)
Isle of Man TAN 005-20 (Rev 2.)
Norway ノルウェー籍船の「インベントリ第一部(IHM)」作成時、「アスベスト含有物質(ACM)」が発見された場合の取り扱い:

  • 「適合証書(DOC)に記載される会社」による「リスクアセスメント」の「実施」と「文書化」。
  • 「専門のアスベスト除去会社」による「船内の空気中アスベスト濃度: 0.1 fiber/cm3」以上の原因となっている「アスベスト含有物質(ACM)」の除去。
  • 「アスベスト含有物質(ACM)除去計画書」の文書化。
  • 船上で実施された「リスクアセスメント」の「NK」による確認。
  • 「船内の空気中アスベスト濃度: 0.1 fiber/cm3」以上の場合、「文書化されたアスベスト除去計画書(AMP)」が本船に保管されていることの「NK」による確認。
Portugal (EU) DGRM CIRCULAR NO 67
ST. VINCENT AND THE GRENADINES

SOLAS 条約 II-1 章第 3-5 規則に違反して、船上でアスベストが発見された場合は除去すること。
除去は、専門のアスベスト除去会社により、発見されてから 3 年以内に、政府と密接に協議の上、実施されること。その際、政府は適切な免除証書を発行する。


ST. VINCENT AND THE GRENADINES MARITIME ADMINISTRATION CIRCULAR N° SOL 047
U.S.A. 「シップリサイクルに関する欧州規則(EU-SRR)」を適用する米国籍船舶のIHM検査で、船上に「アスベスト含有物質(ACM)」が発見された場合の取り扱いは、「船の建造年月日」、「IHM検査」、「SC証書」、「適合証書(DOC)」、「安全管理証書(SMC)」を発行する船級協会の組合せに因る。

[建造年月日: 2002年7月1日以降、
SC証書発行及びIHM検査: NK]
  • 「アスベスト含有物質(ACM)」を除去する場合、「SC証書」を書換え、有効期限3年間の「IHM適合証書・鑑定書」を発行。
  • 上記の場合、USCG(CG-CVC-4)は、「IHM適合証書・鑑定書」の有効期限と調和する有効期限3年間の「免除証書」を発行。
[建造年月日: 2002年7月1日以前、
SC証書発行及びIHM検査: NK]
  • MSC.1-Circ-1374の「アスベスト含有物質(ACM)」への対策が講じられている場合、有効期限5年間の「IHM適合証書・鑑定書」を発行。
  • 「アスベスト含有物質(ACM)」を除去する必要がある場合、「SC証書」を書換え、有効期限3年間の「IHM適合証書・鑑定書」を発行。
[建造年月日: 2002年7月1日以降、
SC証書発行: NK以外、IHM検査: NK]
  • 有効期限3年間の「IHM適合証書・鑑定書」を発行。NKは、船主/運航者及びUSCG(CG-CVC-4)に、「アスベスト含有物質(ACM)」に関する具体的な情報を提供し、「SC証書」を発行している船級協会と情報共有するよう助言する。
[建造年月日: 2002年7月1日以前、
SC証書発行: NK以外、IHM検査: NK]
  • 「アスベスト含有物質(ACM)」に対して、リスク評価を実施し、NKが適当と認められた場合、有効期限5年間の「IHM適合証書・鑑定書」を発行。NKは、船主/運航者に、「アスベスト含有物質(ACM)」に関する具体的な情報を提供し、「SC証書」を発行している船級協会と情報共有するよう助言する。なお、USCG(CG-CVC-4)への報告は、「SC証書」を発行している船級協会が行う。
[IHM検査、適合証書(DOC)発行、
安全管理証書(SMC)発行: NK、]
  • MSC.1-Circ-1045に準じて「アスベスト含有物質(ACM)」管理手順を策定し、「安全管理システム(SMS)」が更新され、「アスベスト含有物質(ACM)」軽減対策と手順が制定されていることを「IHM適合証書・鑑定書」発行後の直近の船舶/会社審査までに確認する。